2013/10/12

訪問マッサージ

先日のケアマネ研究会は地域連携のための模擬ケースカンファレンスだった。
ALSという神経変性の難病の実例を在宅専門医が提出され、みんなで意見交換を行った。
私も現実に同様の病気の方に対する訪問マッサージは十例位経験があり、いずれも大変喜ばれた。
研究会において医師がその方の利用している社会資源は訪問看護、訪問介護、福祉機器に加えて訪問マッサージだと言われ、さらにマッサージは患者さんから大変好評であると付け加えられた。
この病気は意識や感覚は正常でありながら筋肉運動が全く出来なくなる大変残酷な難病だ。
そんな方達に訪問マッサージが実際に役立っていることを医師が認めている事実が嬉しかったし、医療的マッサージの良さはもっと周知すべきだろうと深く感じ入った次第。
コメントを投稿