2020/04/03

「宝船」~七福神~SHICHIFUKUZIN on TAKARABUNE


韓国伝統舞踊金利惠さんの俳舞で笛を担当された福原さんの演奏です。
曲は「宝船」。
この難局を乗り切るのに相応しい応援歌となります。

紹介させて頂きます。

2020/03/31

鈴木牛後さんに





北海道から出版されている俳句雑誌「雪華」(ゆきはな 主宰橋本喜夫先生)に鈴木牛後さんが拙句集『天職』を論じて下さいました。深く丁寧にお読み頂きました。

鈴木さんは俳句結社『藍生』(黒田杏子主宰)の仲間でもありますが、今、俳句界で最も注目されている方です。そんな方に読み解いて頂いて恐縮しつつ喜んでいます。

2020/03/29

三密を避けよう


一人一人が上記のことを根気強く守るしかありません。

今後懸念される肺炎患者爆発的発症による医療機関への負担を極力抑えましょう。

三島鍼灸指圧治療室は換気とアルコール消毒、施術者の体温管理など可能なことは実行しています。

しかし施術は上記の密閉・密接空間に相当します。
不要不急の症状(薬で管理できない強い腰や肩の痛み・ストレスなどから来る辛い肩こりなどの症状)でなければキャンセルして頂いて結構です。

今は世界中が耐えるときです。 

株式会社オフィス三島
三島鍼灸指圧治療室
三島広志

2020/03/10

施術所のコロナ感染対策


以下のポスターに書かれた通りです。

三島鍼灸指圧治療室は高齢者施設で施術を行う場合は従前より
マスクとグローブを用い、清潔に心がけていました。

現在は施術室での施術においても細心の注意と消毒を実施しております。

社会全体が集団免疫を獲得するまでまだまだ時間が掛かることと思います。
頑張って生活を維持していきましょう。

三島鍼灸指圧治療室
三島広志
 



2020/03/03

尊敬する宮坂先生に



尊敬する宮坂先生が拙句を「日本農業新聞」に取り上げて下さいました。
素晴らしい鑑賞ですが大きな鍼灸医院は大きな勘違いです(^-^)
宮坂先生、ありがとうございます。

句集『天職』を上梓しました

句集を上梓しました。

今をときめく北海道の鈴木牛後さんがブログで紹介して下さいました。
乳牛の牧場を経営しておられます。

https://miyukibare.exblog.jp/240159353/

また、今池で長年お店を運営しておられた三嶋寛さんもブログに書いて下さいました。
伝説のお店「六文銭」のオーナーです。

 https://blog.goo.ne.jp/rokumonsendesu/d/20200229?fbclid=IwAR3htWq74zG-kyarrXpWFSW4tdnCFW3WE_YKkjHbHJ226bIAXQFigGiFBrY

3月2日の日本農業新聞の名歌名句のコーナーには現代を代表する俳人宮坂静生先生が拙句を紹介して下さいました。

 亡き人のさながら集ふ雛の間 広志

俳壇の理論家として知られる関悦史さんが15句紹介して下さいました。

 https://kanchu-haiku.typepad.jp/blog/2020/02/%E5%8D%81%E4%BA%94%E5%8F%A5%E6%8A%84%E5%87%BA%E4%B8%89%E5%B3%B6%E5%BA%83%E5%BF%97%E5%8F%A5%E9%9B%86%E5%A4%A9%E8%81%B7.html

句友杉山久子さんも取り上げて下さいました。

 http://chakolate.blog.fc2.com/blog-entry-240.html?fbclid=IwAR01yGzcRx00_wzdtOc47Uf4m0wbWnxvUoxItgZCP0nWGOdKJRZ2LQAyZ9g

感謝致します。


2020/01/23

「俳句とからだ」転載

俳句結社誌『藍生』に連載している「俳句とからだ」の123回から159回までアーカイブスに取り込みました。

http://h-mishima.cocolog-nifty.com/yukijuku/

とりあえず投げ込んだだけですから段分けなど乱れています。
よろしければご笑覧下さい。

2020/01/20

2020/01/13

今後の予定

今年前半の参加を予定している主な講習です。

2月は自分が講師として名古屋市高年大学鯱城学園の講義を2コマ行います。

愛知ケアマネ研究会 毎月一回名大病院で開催されます。






2020/01/02

春風献上













元旦の名古屋駅は閑散という潔さ。

上の櫻は十月櫻、四季櫻、染井吉野。
川は五条川。
櫻は空の色を反映します。

    翼あるものにおほらか初御空     広志